慰謝料の相談と弁護士

Posted on 17.1.15 By

慰謝料に関して相談をする際にお勧めしたいのが弁護士です。弁護士に相談をすれば訴訟を起こした場合の慰謝料の算定をしてくれます。一般的に弁護士に相談をする場合には後遺障害に認定されるようなケースが多いものですが、最近では任意保険に弁護士特約がついているのでそれを利用して傷害だけの場合でも弁護士に相談をすることがあります。

弁護士に相談をすれば適切な回答を得ることができます。また訴訟を起こさずとも任意保険との交渉を弁護士に依頼することも可能です。訴訟を起こしてしまうと解決までにかなりの時間を要してしまいます。中には何年もかかってしまうケースもあり、時間的にデメリットが生じてしまいます。それに対して任意保険との交渉をすれば時間をかけずに示談交渉をしてくれます。また交渉が決裂した場合、訴訟を起こすこともあります。慰謝料が高額になるようなケースでは多くが訴訟を起こします。この場合弁護士に相談をしなければなりません。

慰謝料に関して弁護士に依頼をすればスムーズに交渉などが進んでいくので最近では特に多くなっています。特に交通事故に強い弁護士に依頼をするのがいい方法です。自分に合った弁護士に依頼をすれば安心して交渉をしてくれるものです。

未分類


慰謝料について

Posted on 17.1.11 By

慰謝料の考え方は後遺障害の認定がされた、またはされていない場合で分ける必要があります。まずは後遺障害認定がされていない場合ですが、この場合通院や入院の期間によって大まかには計算方法があり、それによって慰謝料の算定がされます。そのため比較的金額がだされやすいものです。計算方法ですっきりしているのは自賠責保険基準によるものですが、この方法では一般に裁判による方法に比べて随分と低額になるものです。

また任意保険会社の基準での計算方法では自賠責基準よりも慰謝料の金額が下がる場合があります。そのため慰謝料を大きくするためには訴訟を起こす、または交通事故紛争処理センターに示談の斡旋を依頼する必要があります。

後遺障害認定がされた場合、慰謝料の金額は大きくなります。そのため一般的には任意保険会社との示談交渉はしないことが望ましいと言えます。任意保険会社が提示する慰謝料の金額は低く、納得できる金額にはならないものです。ですからこの場合は最初から交通事故紛争処理センターに行く、または訴訟を起こすことが必要です。これらの方法を採用すれば任意保険会社の提示する金額をはるかに超える慰謝料を受け取ることができます。

未分類


交通事故になったら

Posted on 17.1.10 By

不運なことに交通事故に見舞われることは誰にでも起こることです。実際に事故に遭ってしまったら慌ててしまい、どうしたらいいのかわからなくなるものです。そんな時のためにあらかじめ知識をしっかりと持っておくことで落ち着いて行動することができます。交通事故に遭ってけがなどをしたら通院や入院をします。しばらく通院や入院を継続し、人によっては治癒となりそこで病院との関わりは終了しますが、場合によっては症状固定となります。どちらにしても保険によって治療費を支払うことなく病院に通院をしたり入院をすることは終了します。

その後慰謝料の計算をすることになりますが、これが複雑でよくわからないという方が多いものです。事実考え方が様々ありますし、保険会社との交渉で言いなりになってしまい、受け取る慰謝料の金額が抑えられてしまうといったこともあります。慰謝料に関しては様々な計算方法があり、また交渉する際にも適切な方法があります。正しい方法を習得し、冷静に対応していくことで本来受け取るべき金額を得ることができるのです。

慰謝料の金額は対応によって大きく変動をします。特に大きいのが後遺障害の認定をされた場合です。後遺障害がない、または後遺障害認定されなかった場合には慰謝料は高額にはならないものですが、後遺障害認定された場合はとても金額が大きくなるので、知識がないと大きく損をしてしまうのです。ですから正しい知識を持っておくことはとても重要なことなのです。

未分類